2010年05月12日

ビート移植中

北海道、今金町からこんにちは。ぴりかファームです。

ここのところ、ブログを書くたびに「晴天が続きません」と
書いている気がしますが、やはり続きません。

昨夜から弱い雨が続き、今日も最高気温予想は7度!
5月も半ばとは思えない気温です。

天候が安定しない中、畑作業は空模様と戦いながら
続けられております。

この日はゴールデンウィークも真っ只中に
ビートの移植を行いました。

畑のほぼ中央に立って、両側を撮影してみました。
MA340003.jpg

MA340002.jpg

広い畑です。
行って帰ってくるだけでかなりの距離。

この日はカメラを忘れるという痛恨のミスをしてしまい、
写真は携帯での撮影となりました。

普段のカメラよりも色がきれいに出ていない気がします。

さらにビートの移植機械の調子が絶不調で、
連休中にもかかわらず、機械屋さんに来てもらいました。

本当にありがとうございます。助かりました。

機械の調子が悪いと、苗がきちんと植えられません。
そのため、このように手作業で捕植していきます。
MA340004.jpg

この広い畑を見て回るだけで大変です。
MA340009.jpg

後半は整備のおかげで、順調に作業が進みました。

それにしても
「機械、調子よくなったね〜」に対して

「褒めたらまた調子悪くなるからダメだよ!」
の機械屋さんのセリフが印象的でした。

どうやらビート移植機は厳しく育てると伸びるタイプらしいです。





posted by ぴりか at 10:11| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。