2010年05月24日

謎の○○が現れた

北海道、今金町からこんにちは。ぴりかファームです。


さきほどイマカネーゼこと、Nさんから情報が入り、
アスパラハウスに急遽行って参りました。

CIMG3687.jpg
(クリックで写真が大きくなります。怖いです。)

うわああ、なんですか、これ!

高さ22センチ、直径約7センチの大物です。


CIMG3689.jpg

触ると、中が空洞のような感じで、自体はふかふかしています。

キノコの一種?のような気がしますが
なんなんでしょう・・・。


アスパラハウスに突如出現した、コヤツの正体を
ご存知の方、どうぞご一報ください。


みんなで話していたのですが・・・

「明日になったら数が増えていたり、
すごく大きくなっていたらどうしよう。。。」


おそろしいたらーっ(汗)




〜ここから後日ではなく、数分後談〜

ツイッターで写真をアップしたところ、
早速キノコに詳しい方から「ササクレヒトヨタケ」という
情報をいただきました。

ふわふわしたところは傘の部分で、軸はシャキシャキしている
食べられるキノコだそうです。
「コプリーヌ」という商品名で販売されているとの事ですが、
名前の通り、一晩ぐらいしか日持ちしないため、
市場で見ることはあまりないそうです。

ツイッターの情報の早さと便利さを
身をもって体験させていただきました。

たくさんの情報をいただき、ありがとうございます。













ラベル:農業 アスパラ
posted by ぴりか at 16:49| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。